2015年3月29日 (日)

iPad卒業証書

札幌市では、卒業証書は札幌市教委で用意したものを各学校で使っていますが、こんな学校もあるという話題です。

ipad_certificate.jpg「iPad卒業証書」、多摩市立愛和小が卒業生に 12年後まで開けないタイムカプセルメッセージなど収録

この小学校は、今年度統合したばかりで、第1回卒業式なのだそうです。それでも卒業生は8人。「多摩市立」とあるので、れっきとした公立学校です。タブレットPCの積極的活用をおこなっていて、プログラミング教育もおこなわれているほどです。

ネットでは、12年後にそのiPadは動くのか、などというツッコミが多くあります。12年前を考えるとCD-ROMにして写真や合唱を配布するということに近いと思うのですが、今ではCDもDVDも消え去る運命。ディスクだけ残って、見るための再生装置がないという時代です。

しかし、たった8人の卒業生、ICT先進校ということを考えると、このiPadは常用せずに大切に保管されることでしょう。CDやDVDと違い、iPadということで、ある意味、再生装置と一緒に配布することになります。そのメリットは大きいと思います。目的通り、12年後にメッセージを見ることができる可能性ははるかに高いと思います。